中年女性

目の下のたるみを取るなら美容外科に|病院選びなら任せなサイト

新しい治療方法

顔の手入れ

目の下には気を配っている人も多いでしょう。目の下にたるみやしわがあるとどうしても人と向き合うのが嫌になってくることもあります。目の下のたるみは早めに対策と予防することが大切です。目の下のたるみを予防するためには紫外線を防ぐことが大切です。というのも紫外線には目の下のたるみを防ぐコラーゲンを減らす効果があります。そのため、長時間紫外線に当たると目の下のたるみが現れてくるのです。もちろん個人差はありますが、できるだけ紫外線は避けるようにしましょう。ただ、どのように予防していてもどうしても現れてくるのが目の下のたるみです。そのような時は美容外科でレーザー治療を行うのも一つの方法です。目の下のたるみを改善するための治療方法は多数ありますが、その中でも特に治療として効果があるのがレーザー治療です。

レーザー治療は、皮膚の表面にレーザーをあてるのではなく内部にレーザーをあてます。そのため、皮膚の内部から改善することが可能です。メスを使うことも無いため痛みは少ないですが、レーザーのあたるところは赤くなることがあります。最近では自宅でたるみ取り機を使ってたるみを改善する人もいますが、自宅で取れるたるみはごくわずかです。そのため、あまり改善が見られないという人は早めに美容外科に通うことも大切です。目の下はツボの集まるところです。そのため、無駄に刺激を与え過ぎるとたるみにつながる恐れがあります。そのため、刺激を加えることはできるだけ抑えて、美容外科に行くことが大切です。レーザー治療や瞼の切開治療の後はできるだけ医師の支持通り皮膚を安静に保つことが大切です。