中年女性

目の下のたるみを取るなら美容外科に|病院選びなら任せなサイト

どの方法で治療するか

美容整形

目の下のたるみを取るなら、美容外科で施術する必要があります。美容外科で行われる施術の一つがたるみの切除です。そのたるみの切除にも沢山の種類があるため前もって把握しておきましょう。たるみを比較的素早く改善するためには下瞼切開を行うのも一つの方法です。たるみ取りを行うために、瞼を切開するとある程度腫れる事があります。というのもどうしても皮膚そのものを傷つけてしまうためです。皮膚そのものを傷つけることで、その部分が炎症を起こして腫れりすることがあるのです。ただ、下眼瞼切開という方法で治療すると他の切開方法とくらべて腫れが少なく比較的、気軽に治療することが可能です。下眼瞼除雛術という方法でも目の下のたるみ取りを行うことができます。基本的にこの方法で治療すると腫れや赤みが現れることが多いです。ただ、大きなたるみを治療することができるためできるだけより効果の高い治療方法とも言われています。その他にもたるみ取りの治療方法はあります。どの治療方法でたるみ取りを行うか、それぞれの特徴を把握した上で決めることも大切です。たるみの種類によっては医師と話し合った上で決めることもあります。できるだけ医師にアドバイスを仰いで治療の方法を決めることも大切です。

切開でたるみを改善する方法の他に切らずにたるみを改善する方法もあります。それがコラーゲンやヒアルロン酸注射です。コラーゲンやヒアルロン酸注射で皮膚の内部にそれらの成分を直接注入することで、たるみを改善することができます。基本的にあまり大きなたるみには効果を発揮しませんが、時間をかけずに治療することができます。直接、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入するため即効性のある治療ともいわれています。早めにたるみを改善したいという人には向いている治療方法です。ただ、効果が一定期間のためそれを過ぎると再度治療を行う必要もあります。